デコ電の材料

こんなものも使っちゃおう!

デコ電の材料として使われるのは、ラインストーンだけではありません。身近にある様々なものを使って、携帯電話をデコレーションすることができます。アレンジ次第でオリジナリティ溢れるデコ電を作ることができるのです。

デコ雑貨

デコ電に関するサイトを見ていると、様々なデコ雑貨が紹介・販売されています。デコ雑貨は、デコ電に使われる雑貨のことです。
デコレーションするためのアルミ製の名刺入れや鏡、小物入れなどもありますが、デコ電に使われるラインストーン以外のものをデコ雑貨と言う場合もあります。使うデコ雑貨によって個性も出ます。

ピアス

ピアスもデコレーションに使うことができます。ニッパーなどで余分な部品を取り除いて使いましょう。ピアス売り場に行くと分かると思いますが、きれいなもの、かわいいもの、様々な形のピアスが販売されています。そのままピアスとして使用するのもいいですが、大きな飾りのついたものだとデコ電に使えます。
高価なものは、加工するのがちょっともったいないですが、低価格で購入できるピアスも数多くありますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

ソフビ人形

ソフビ人形とは、ポリ塩化ビニルで作られた人形のことです。プラスチックとは違い、少し柔らかい素材で出来ています。ソフビ人形は、カッターでも加工しやすく、デコ電向きと言えるでしょう。
ソフビ人形は立体型をしているので、縦半分に切ってデコ電のパーツとして使うことができます。

ヘアピン・ヘアゴム

ヘアピンやヘアゴムもデコ電パーツとして使ってみませんか?デザインによってはそのまま使えるものもありますが、飾りを取り外してパーツとして使ってみましょう。カラフルなものも多いので、デコ電に使うにはピッタリです。

カプセルトイ

ガチャガチャ、ガチャポンと呼ばれるカプセルトイですが、子供だけではなく、大人にも人気があるようです。数え切れないほどの種類があり、数十機ものカプセルトイの機械が並んでいる店舗もあります。
その内容は様々で、工夫次第でデコ電のパーツとして使えるものばかりです。比較的多く使われているのが、キャラクターもののマグネットです。厚さも大きさもデコ電にピッタリですのでよく使われます。マグネットをデコレーションするときの注意は、裏面にはめ込まれている磁石を取り除くのを忘れないようにするということです。

デメリット

現在、カプセルトイのほとんどは、1回200円です。だからと言って、お目当てのものが出てくるとは限りません。目的のものではないのに2回続けて同じ物が出てきたりもします。ついつい何度も購入してしまいがちですが、5回やるとなると1000円にもなってしまいます。カプセルトイに1000円……ちょっと使いすぎな気分になってしまいますね。

ストラップ

以前、携帯電話にたくさんストラップをつけるのがはやっていました。現在でもたまに見かけますね。携帯電話がストラップに埋もれて見えないような人や、絶対ポケットには入らないというほどつけている人もいました。
ストラップには様々な飾りがついています。可愛いキャラクターがついているものも珍しくありません。それらを使って携帯電話をデコレーションしてみましょう。ニッパーで余分な部分を切り取り、必要であれば形を整えましょう。硬い素材の場合、ヤスリで根気よくこすると、形をきれいに整えることが出来ます。
ストラップ以外でも、ペンなどに飾りがついているものもありますので、ぜひ使ってみてください。



Page Top