デコってみよう!

簡単にデコる

初めてデコ電にチャレンジするなら、あまりデザインに凝ったものだと難しいですね。できれば簡単だけれども、見栄えのいいデコレーションをしたいものです。いきなり豹柄などにチャレンジせず、簡単にできるグラデーションなどがオススメです。



デコパーツ

携帯電話を簡単にデコレーションできるものに、デコパーツがありますね。ワンポイントで使うのもいいですし、何個も使ってゴージャスにするのもいいでしょう。大事なのはバランスです。配置する数やバランスがおかしければ、仕上がりも納得できないものになってしまいます。

メリット

デコパーツのメリットは、大きなパーツを使うと目立ちますし、それだけ他のデコレーションする範囲が狭くなり、ラインストーンなどの使用数が少なく済みます。それだけ簡単にデコレーションすることができると言うことです。使用する数が多ければ多いほど、簡単にデコれるのです。ただし、何度も言いますが、配置のバランスが大切です。

デコ電シール

ここで言うデコ電シールは、保護シートとは違います。デコ電保護シートは、直接携帯電話にデコレーションするわけではなく、保護シートを貼った上からデコレーションするものですが、デコ電シールは、あらかじめ様々な模様がシートに印刷されていて、そのシートを携帯電話に貼るだけのものです。
通常のデコ電のように、厚みが出たり立体的なパーツなどがないので、携帯電話の形そのままになりますが、簡単に貼れて簡単に剥がすことができるので、一番楽にデコできるものではないでしょうか。保護シート同様、携帯電話の傷防止にもなります。

上手に貼る方法

デコ電シールは元々1枚のシート状のものですので、きっちり貼ることができなければ、シワが寄ったり空気が入ったりして、仕上がりが汚くなってしまいます。簡単に剥がすことができますので問題ありませんが、できればきれいに貼りたいものですね。
上手に貼るコツは、ドライヤーを使うことです。できればスタンドがついていて、置いても使うことのできるものか、ドライヤーを持っていてくれる人がいればいいでしょう。

指紋がシートにつかないように紙から剥がします。

印刷されているもののバランスを考えながら、携帯電話の端にシートを合わせて貼ります。

端から携帯電話を押さえながら、やや引張り気味にしてシートを貼ります。この時、シートを指で押さえながら、空気が入らないようにしましょう。

前面に貼り終わったら、次に側面を貼っていきます。前面同様、空気が入らないように指で押さえながら、引張り気味にして貼っていきます。

端は爪を使ってしっかりと貼り付けましょう。

下の側面を貼る時に、角がうまく貼ることが出来ないと思います。ここでドライヤーを使って上手に貼りましょう。

ドライヤーの熱を当てながら、シートを角に合わせて引っぱります。こうすることで、角もきれいに貼ることができますが、ドライヤーの当てすぎに注意してください。一瞬当ててははずし…を繰り返しながら貼っていきます。

側面全体を貼ったら、余分なシートをカッターできれいに取り除きます。

最後に、割り箸などの硬いものの先にティッシュペーパーをつけ、ゴシゴシこすって空気を抜きます。抜けない空気は針で小さな穴をあけてこすると、きれいに空気が抜けます。

注文する

簡単にデコるというよりも、ショップなどにデコレーションを注文すると、自分で何もしなくてもいいので、これほど簡単なものはありません。ただし、デザインによって価格もまちまちですので、事前にいくらくらいかかるのか、きちんと調べておく必要があります。
自分の好きなデザインをオーダーする場合、価格は高めになります。



Page Top