デコる前のチェック!

自分の携帯はどのタイプ?

携帯電話だからといって、どれもこれもデコ電にしやすいかと言えばそうでもないようです。携帯電話の形によって、デコ電にしやすいものとしにくいものがあります。あなたの持っている携帯電話はどんなタイプですか?

デコ電しやすい携帯電話

デコレーションしやすい携帯電話のデザインは、折りたたまないタイプや二つ折りのタイプになります。
どうしてデコレーションしやすいのかと言うと、折りたたまないタイプは言うまでもなく、そのままの形で使いますので、可動部分を気にすることもなく、デコレーションすることができます。二つ折りのタイプのものでは、表にデコレーションする場合、携帯電話の窓を覆ってしまわない限り、凹凸もなく、デコレーションしやすいと言えるでしょう。

デコ電しにくい携帯電話

デコ電しやすい携帯電話に比べ、しにくい携帯電話の機種もあります。
携帯電話の発売当初は、折りたたまないタイプのものがほとんどでしたが、やがて二つ折りのデザインの携帯電話が主流となります。現在も二つ折り携帯は以前と変わらぬ人気がありますが、新しくスライド式の携帯電話にも人気が集まってきています。また、内側画面部分を回転させて、表側に向けられる携帯電話もありますね。
そんな人気のスライド式携帯電話や回転式携帯電話ですが、ちょっとデコ電にしにくいという難点があります。

どうしてデコしにくい?

では、どうしてスライド式の携帯電話だとデコ電にしにくいのでしょうか。
絶対デコ電にできないというわけではありません。ただ、上手にデコレーションしなければ、携帯電話をスライドしにくくなってしまうのです。
回転式の携帯電話の場合、可動部分に気を配らなければ、せっかくきれいにデコレーションしても、回転部分が動かなくなってしまいますので注意が必要です。

古い携帯電話

新しい携帯電話にデコレーションするのはなんだかもったいないような気もします。古い携帯電話であれば、気分転換にもなりますし、あまり深く考えずにデコレーションすることができるでしょう。デザインに飽きてしまった場合にもいいですね。
何年も大事に使い続けてきた携帯電話も、デコ電にすることで、新たに気分を変えて持ち歩くことができるのではないでしょうか。



Page Top